ハッピーライフスタイル

みうまがとままこが夫婦で子育てと仕事とお金について書いてます。

内定辞退のマナーとタイミング

f:id:miumaga:20180821203853j:plain

就職活動をした結果、見事内定を貰いましたが、事情により辞退する事になりました。せっかく自分を選んでもらったのに、断るのはなんだか悪い気がして断りづらいものです。

 

どうせ、その会社で働かないから連絡なんて必要ないんじゃ?

と、子どもみたいなことも言ってられません。相手の企業もあなたの代わりを見つけなければいけないので、いつまでも先延ばしをするのは、トラブルの元です。

 

今回は、内定確定後の断り方を書いて行きましょう。

<スポンサードリンク>

 

 

内定を辞退するには?

新卒・中途採用に関わらず、応募先から内定通知を貰うのはうれしいものです。しかし、並行して応募していた会社からも内定通知が来たら、どちらかの内定を辞退しなければいけません。

 

よく、新卒の内定辞退時に企業側から心にもない事を言われたなんてよく聞きますが、そんな噂はごく一部で、普通の企業ではそんなことはめったにありません。ネット社会の昨今では、実際にそんな企業が有れば、ネット上にさらされる事は間違いないので心配はないでしょう。

 

最近では学生側もいい加減な辞退の仕方をしている人がそうで、反面教師でどんな人がいるのかを紹介してい行きましょう。

 

最悪な内定辞退の例

  1. 入社当日に出社したと思ったら、【今日は入社を断りに来ました】と言われた
  2. 入社当日に母親から【息子はお宅でやっていけないと言っている】と言われた
  3. 内定の連絡をしたら【2日~3日考えさせてくれ】と言ったが、それから連絡がない

最近、3番のケースがよくあるそうです。

また、連絡はしてくるがメールで済ませようとする人が多く、キチンとした文面であればまだ良いが、【一身上の都合で辞退します】しか書いてない物が大多数なようです。

 

 

内定辞退が問題になることも!?

内定辞退は適切なタイミングで行わないと大問題になることがあります。

 

〇〇社に内定をもらったAさん

入社も意欲があり、入社誓約書も交わしましたが、入社3日前に心変わりして、電話で内定の辞退を伝えたところ、数日後の採用経費として50万円の損害賠償を請求された。

 

この事例では、誓約書にサインをした時点で雇用契約が成立していると考えられるので、会社側も労働者側も勝手に内定を取り消しする事は契約違反になります。しかし、採用経費は、会社が負担するべきもので、損害があったのなら具体的な内訳と計算の根拠を要求するれば、損害賠償は引き下げられます。

でも、精神衛生上気持ちの良いものではないので、誓約書や雇用契約書を記入する際は、じっくり考えて書くようにしましょう。

 

また、気を付けてほしい事例として、IターンやUターン入社の人は、採用者の借上住宅や社宅の準備をしている場合があり、上記のような辞退の仕方をすると、準備にかかった経費を請求されますので、気を付けましょう。

 

<スポンサードリンク>

 

 

内定辞退をいつまでにすればよいのか?

それでは、いつまでに内定を辞退するれば良いのでしょうか?

基本的には、入社日前日でも応募者側からの入社の辞退は自由であるという事は憲法で職業の選択の自由が保障されています。

 

だからと言って、一方的に断ればよいと言うわけではありません。

社会人として、断るにもマナーがあるものです。

企業からしてみれば、入社日が近ければ近い辞退ほど痛手になります。

言いにくいのは分かりますが、そこは大人ですのでシッカリと断りましょう。

 

一番良いタイミングは、内定の連絡を貰った時点で断るとよいでしょう。最終面接が終わった時点で自分の希望と照らし合わせれば、やって行けるかの判断はできるはずです。

面接が終わったらすぐに、自分の気持ちをしかっりと整理しておきましょう。他にも応募している会社がある場合は、返事の保留をお願いしてその期間中には結論を出すようにしましょう。

 

内定辞退の方法

内定辞退は、電話・直接訪問・手紙・メールと言う方法があります。

まずは、電話でその旨を伝えることをしましょう。先に、メールや手紙を送りつけるのは一方的過ぎるので控えましょう。また、直接訪問するのは、誠意は伝わるのですが、相手の都合もあるので、控えた方が無難です。


よって、まずは【電話】で辞退の意思を伝え、その上で直接訪問する旨を伝えると、たいていは【そこまでしなくてもいいよ】となりますし、合うならお互いに都合の良い日を調整する事が出来ます。

 

ほとんどは電話で済むケースがほとんどですが、その場合でも改めて手紙やメールを送るくらいの気配りはしたいものです。

 

例 文 

 

前略

先日は、お忙しい所、内定のご連絡を頂きありがとうございました。

人事担当の皆様をはじめ、ご関係者の皆様の誠意あふれる対応に大変感謝しております。しかし、ながらお電話でもお伝えしたとおり、やむ得ない事情があり入社を辞退させていただきたいと存じます。御社には多大なご迷惑をおかけした事、本当に申し訳ありません。

本来なら、直接お詫び申し上げなければいけないところ、このような形でお詫びする事をお許しいただきたく存じます。

末尾ながら、御社の御社のご発展をお祈り申し上げます。

本来なら、直接お目にかかってお詫び申し上げなければならないところ、このような形でお詫び申し上げることになりましたことをお許し頂きたく存じます。

末尾ながら、御社の益々のご発展をお祈り申し上げます。

草々

 

引き止めがあった場合はどうすれば良いのか?

電話での内定辞退時にごくまれに【直接来社して説明してほしい】ということになります。その場合は、日時を決めて訪問するしかありません。

いざ、来訪した場では、具体的な説明が求められます。この場合は、会社のマイナスイメージを持っていたとしても、心にとどめておいてください。辞退理由はあくまでも自分側に問題があると説明しましょう。

 

  • 他にやりたい仕事が見つかった
  • 今の職場で頑張ることにした

 

などと説明し、あとはひたすら【申し訳ありません】と言い続けましょう。

相手が感情的になり文句の一つも言うかもしれませんが、それは聞き流して我慢しましょう。

言ってはいけないのが、【御社でやれる自信がない】などの理由で、これを言うと【当社では研修制度が充実している】等と相手に説得の材料を与える事態となるので、注意しましょう。

 

だれでもやむを得ない事情があって、内定辞退をする時があります。

そんな時は、逃げずに毅然とした態度で辞退の旨を伝えましょう。それは、一方的にならないように、キチンとした手順を踏んで行いましょう。

 

<スポンサードリンク>

 

 

2018年10月15日 更新