ハッピーライフスタイル

みうまがとままこが夫婦で子育てと仕事とお金について書いてます。

決断力があなたの生き方を大きく変える

f:id:miumaga:20181015204614j:plain

もしあなたが今の自分に満足をしていないのなら、自分の望む満足な人生へと変えていきたいのなら、決断力をつけましょう。

 

現代は、高度成長期やバブル期のように黙っていても給料が上がるような年功序列の時代ではありません。高学歴でも大手企業に勤めていても、ダメな社員はリストラの対象になりますし、東芝のように一流企業の経営が悪化することもあります。

<スポンサードリンク>

 

明日がどうなるかも分かりませんし、何の保証もない不安定な時代ともいえるでしょう。歴史は今まで、安定した時代と不安定な時代と巡り巡って現代まで繋いできました。

 

室町時代の比較的安定した時代の後には、織田信長等の戦国大名が活躍した不安定な時代【戦国時代】がありました。秀吉亡き後には、徳川家による安定した【江戸時代】があり、その後不安定な【幕末・明治維新】と時代は流れます。

大正・昭和】と比較的安定したかのように見えましたが、【第二次世界大戦】が起こり再び不安定な時を過ごします。そして、戦後は【高度成長期】で安定しましたが、【バブル崩壊】から今日まで不安定な時代が続いています。

 

歴史を学ぶと分かりますが、それぞれの時代背景を見ると、安定した時代と不安定な時代では、それぞれの常識や生き方が違うことが分かります。

安定した時代を乗り切るポイントは、【動かざること山の如し】です。逆に、不安定な時代では、【自らが動く事・変化する事】です。時代が不安定なのですから、自らが決断をし、動き、変化していかないといけないのです。

 

こんな不安定な時代だからこそ、【決断力】がつけば生き方が大きく変わることでしょう。

 

 

人生は大小さまざまな決断で成り立っている

小学生の時の自由研究から、高校の部活、大学受験、就職などの決断から、今日の服装から夕食のメニューまで大小さまざまな決断の結果、今の自分があります

人生の節目から、日常生活の小さなことまでも私たちは、何らかの決断をしながら生きています。もちろん周囲のアドバイスもあったと思いますが、最終的に決めるのは自分だったはずです。

 

今の仕事が面白くないと思っている人がいたのなら、その原因をより具体的に考えてみましょう。会議で気おくれして意見を述べられなかった、自分の事を上司がきちんと評価してくれない等の原因があるはずです。

自分は運が悪い】と思う人も同様です。

 

何度も言いますが、毎日の決断の積み重ねの結果として今の生活があります。

今の抱えている不満や焦りも日々の決断の結果で、自分の責任なのです。

 

<スポンサードリンク>

 

決断をしなければ何も変わらない

では、人生を思いのままに生きている人や運が良い人に特別な才能が有るのでしょうか?

多少の才能はあるかもしれませんが、と言ってもエジソンの言う1%の才能程度の差です。天才であっても努力をしなければ、その才能を活かす事が出来ないのです。

ましては、私たちのような平凡な人間にとって才能の差などほとんど問題ではありません。才能の差が大きな問題ではないのにもかかわらず、【私は運が悪い】と嘆く人とそうでない人との差はどこなんでしょうか?

 

それは、決断して行動をしているということです。

 

オシャレな人も、生まれた時からセンスがあったわけではありません。

幼いころに周りの人や環境の影響もあるかもしれませんが、オシャレにいきつくまで様々な服を身に着けて、周囲の反応や自分自身のフィット感などを日々研究して、自分のセンスを磨いて行った結果だと思います。

同じ服を着ていても、長さや着こなしを工夫する事で、各自の個性を磨いて行ったことでしょう。そんなところにも小さいながらも決断があるのです。

 

今の仕事が楽しくない】と思い転職を考えても、実際に行動に出なければ何も変わりません。現状を変えるには、転職をしようとと言う決断がそこにあります。

転職活動をした結果、やりがいのある職場に巡り合うかもしれません。もしくは、今の会社でまた頑張ろうと思うかもしれません。結果、今の職場で働き続けていたとしても、【何もしない】で働き続けている自分とは違う自分がそこにあるはずです。

 

人生はまず決断する事から始まるということを常に思い生活するようにしましょう。