ハッピーライフスタイル

みうまがとままこが夫婦で子育てと仕事とお金について書いてます。

友人の結婚式などで友人代表スピーチを頼まれたらどうしますか?

f:id:miumaga:20180508200833j:plain

社会人となり数年もたつと、友人や同僚が結婚して友人代表のスピーチなどを頼まれることがあります。友として嬉しい反面、失敗できないプレッシャーがかかります。

 

そんな友人の初の門出のスピーチを成功させるために、友人スピーチのマナーや決まり事を押さえておきましょう。

<スポンサードリンク>

 

結婚式の友人代表スピーチの基本的な流れ

まずは、スピーチの基本的な流れを押さえておきましょう。

 

1、新郎新婦へのお祝いの言葉

新郎新婦とご両家に対し、お祝いの言葉と招いていただいたお礼を述べます。

その際に新郎新婦が起立をしている場合は、座るように促しましょう。

2、自己紹介

お祝いの言葉が済んだら、新郎新婦との関係性を簡潔に話します。

自己紹介が終えたら、本題に入る前に「僭越(せんえつ)ではございますが」などと、年長者や先輩への礼儀の言葉を添えましょう。

 

3、新郎新婦とのエピソード

ここからがスピーチの本題となります。思い出深いエピソードや感謝の気持ちを伝えましょう。たくさんあると思いますが、そのすべてを盛り込むと式の進行に支障をきたすので、話すエピソードは1つか2つくらいに絞っておきましょう。

 

4、新郎新婦への激励・結びの言葉

結びの言葉は、これから新しい人生を歩む2人に激励の言葉をかけるのですが、上から目線にならないように注意しましょう。

スピーチの最後は、改めてお祝いとお礼の言葉を贈って締めくくります。

 

 

結婚式の友人代表スピーチでの振る舞いは??

スピーチをする際の振る舞いは、周囲に与える印象を大きく左右します。

お辞儀のタイミングや向きなどをしっかり把握しておきましょう。

 

司会者に名前を呼ばれたときは、着席したまま一礼をし、自分がスピーチをすることを知らせるために、周囲をぐるりと見回します。

名前を呼び終わったタイミングで、起立して一礼します。その後、マイクの前に移動します。私もやった事がありますが、この移動時間がとても緊張しました。

 

マイクの前まで来たら、マイクの前で一礼します。

 

ここで、先ほど紹介したようにスピーチをしていきます。

私がスピーチを行った時は、手が震えすぎて自分で書いたカンペが読めませんでした。結局、思いついたことを適当に言ってスピーチはおわりました。

 

スピーチが終わったら一礼し、自分の席まで戻ります。

着席する前に一礼をすると、良い印象を与えることが出来ます。

 

<スポンサードリンク>

 

 

結婚式でのスピーチでのタブーな言葉

結婚式でのスピーチは、別れを感じさせる【忌み言葉】や、再婚を想起させる【重ね言葉】を使わないように注意しましょう。

忌み言葉

例としては、【終わる】【別れる】【離れる】【帰る】【最後】などが上げられます。

別れや結婚生活の終わりを感じさせる言葉は避けましょう。

スピーチの終わりに『最後になりますが』と言いたいところですが、この場合は【結びになりますが】と言い換えましょう。

重ね言葉

重ね言葉は、将来の再婚や悪い出来事の再来を連想させるため、縁起が悪いとされています。例としては、【再び】【しばしば】【ますます】【重ね重ね】【いろいろ】【さまざま】等があります。

 

また、新郎新婦といくら仲が良かったと言っても、プライベートに踏み込んだ内容の話は避けるようにしましょう。過去の恋愛話や暴露話などはもってのほかです。スピーチ冒頭の自己紹介での自分の自慢話は禁物です。あくまでも主役は新郎新婦だということを意識しましょう。

スピーチ経験者のわたしから言わせてもらうと、自分の自慢話をできるほどの余裕がることに驚きですが…

 

 

最後に…

結婚式のスピーチには色々なマナーや決まりごとがありますが、一番大切なのは祝福する気持ちを素直に伝えることです。結婚式に参加した全員が温かい気持ちになるようなスピーチが出来たらよいですね。