ハッピーライフスタイル

みうまがとままこが夫婦で子育てと仕事とお金について書いてます。

語彙力を高めるために行っていること

f:id:miumaga:20180213002620j:plain

何かを学ぶ上で欠かせない語彙力。人から教えてもらうにも自分で調べるにも語彙力は間違いなく必要です。自分自身がものすごく語彙力豊富か?と言われると決してそうではないのですが、少しでも知っている語彙を増やすためにしている工夫を紹介します。

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

まずは親子間のコミュニケーションから!

普段、どんな些細なことでも構いません。給食の話でも友達の話でも親の子供時代の話でも。とにかく親子間で楽しく会話をすることが第一です。

 

遊びながら学ぼう!!

しりとりやカルタ、古今東西、連想ゲームなど言葉を使った遊びはたくさんありますので、そういったゲームも語彙力を伸ばすには有効です。

 

しりとりの時には辞典を使うのも有効です。難しい言葉を自分から探してゲームの中だけでも積極的に使うようになるかもしれません。何度か口にしている言葉だと、大人同士の会話やニュースなんかで聞くことがあった場合に意味を推測する余裕が初耳の子よりできるのでは?と思います。

わざと難しい長い言葉を探したものの見つけた言葉が尽く『ん』で終わってしまい、みんなで大笑いなんてこともありましたが、そういう経験も言葉を楽しむ土台になり得ると考えています。

 

少し難易度を上げて・・・

辞典や新聞を使った遊びも面白いです。

辞典だったら、

意味だけを言って、何の単語を言っているのか答えてもらう

クイズ形式の遊びも楽しめます。親だけ問題を出すと飽きるので子どもに問題を出してもらうのもあり。

 

最初は子供が食いつく言葉から始めていくと何度も自分から進んでやりたい!と言ってきます。我が家の場合、はじめは『胸』でした。おっぱい、おしり、うんちなど。そういった言葉が子供は大好きなので、ちょいちょい利用してました。直接その言葉が見つからなくても類義語がありますので。そこから一文字違いの言葉を問題に出したり慣用句に繋げたり色々できます。

子供の頃、地図上のアホっぽい言葉を探すのが好きだった方は少し分かっていただけるのではないでしょうか?

 

年中さんあたりからでも言葉の難易度を下げれば遊べますよ。我が子たちは二人とも内弁慶なので、少々汚い言葉は家の中でしか使わないしまぁ良いかな~と思ってます。

 

 

次は新聞を使った遊びですが。

半分に切った新聞を参加する人に手渡して、ある『お題』を出します。

平仮名が読めるような子には『あ・い・う・え・お』を探してね、とか『カタカナ』を探してみようなどのお題です。

勿論、お題を『習った漢字』にしても構いません。

そのお題にそった言葉を制限時間内にペンなどでチェックしていき、最終的に多くチェックできた人が勝ち!というゲームです。

 

集中力がかなりつきますし、知らない見たことのない単語でも片方さえ習っていれば「こういう言葉があるんだ」って思えるようになるキッカケになりそうです。小さい文字を見ることで新聞を読む練習にもなりますし。小学校低学年のうちは、今覚えて欲しいってことではなく、本や新聞を読むための土台や言葉を使うことが楽しいと思えるような機会を作っていくのが良いような気がしています。

 

もちろん新聞じゃなくても雑誌でも可能です。

 

  • 一緒に遊ぶ機会を作ることが親子間でのコミュニケーションに繋がる
  • 新聞や雑誌など、本を読むハードルを下げる
  • 遊びと勉強を混ぜることで勉強のハードルを下げる

 

というような効果みたいなものが上のような遊びを使うと出るんじゃないかな?と思っています。良かったら普段のお子様との時間に取り入れてみてください。