ハッピーライフスタイル

みうまがとままこが夫婦で子育てと仕事とお金について書いてます。

なぜお金に価値が出るのか?

f:id:miumaga:20170210124105j:plain

タイトルにある疑問の答えを先に書くと、1000円のお札は銀行に行けば、必ず1000円の価値がありますよと国が保証してくれているからなのです。

 

前回の記事で、お金はどうしてできたか を書いていきました。その記事に、お金の代わりとなるモノの話を少し書きました。今日は、その辺を掘り下げながら書いていきます。

happy-lifestyle.hateblo.jp

 

<スポンサードリンク>

 

 

お金の歴史

昔の人は、石や貝などをお金として使われていました。そのため、貯や財などのお金に関する漢字には貝がついています。他にも貝が付く漢字を興味があったら調べてみてください。

 

そのうち、貝や石から金や銀をお金に使用するようになります。

では、どうして金や銀を交換の手段として選ばれたのでしょうか?

 

一つは、時間がたっても痛まない事です。

 

もう一つは、数に限りがあるという点

金や銀だと、鉱山で掘り出すにしても、食物や石や貝などと違い、たくさんの量を確保しやすいと言う事があまりないのが特徴です。

 

そのため、社会に流通する量が限られて『お金=金や銀』が世の中に溢れ返ると言ったことが起こりづらくなります。お米のように大量に生産してお金持ちと言う事が少なくなるのです。

 

そういった点では、なにも金や銀でなくても大丈夫なのですが、人間と言うものはなぜか、金と言うものに本能的な部分で好きだと言う学者さんがいるほど、金にめっぽう弱い生き物らしいです。

 

 

そういったことで、金や銀を『もの』と交換する手段として選ばれてきましたが、その交換する比率はどうするのか金や銀が一定量取れなくなったらどうするのか?と言う問題が出てきます。

 

お金』の流通が少なくなると、その量によって社会活動が制限されます。要するに、モノを10個作ってそれを売ろうとしますが、お金がないのですからモノを売ってもその代金がもらえないと言う事が起きます。

『お金』と『もの』の量が釣り合わなければ、社会活動が制限されてしまいます。

 

 

お金に適した金や銀でしたが、価値があり綺麗でもたくさん集めると重たいものです。

昔のお金である小判が入っていた千両箱が木箱込みで25k以上あったと言われています。しかも、金はその重さ故にたくさんの量を持ち歩くことはできません。

 

だから、いっそのこと紙にしたらよいのでは?紙幣が誕生します。

 

ただし無造作に紙を刷るわけには行かないので、『これだけの金と交換できます』と言う、金の量と同じだけしかお札を刷ってはいけないルールが定められました。

そして、その紙幣は自分で刷るのではなく、国が認めた機関で認められた分だけするようになりました。そぜなら、その紙を持っている人が『金を返してください』と言ったあその分返さなければいけなかったからです。

 

詳しいお金の歴史の流れは、私が運営している歴史のブログにも書いてますので、参考にしてください。

 

rekishi-note.hatenablog.com

 

お金の印刷は現在、特殊印刷が施されていますが、その原価は5円~10円くらいだと言います。しかし、これが世に出れば1000円だったり、5000円・1万円の価値が出ます。

 

それは、銀行がその金額に応じた価値があると約束してくれるからです。

つまり、お金と言うのは国に対する信用と言う事となります。だから。国が信用で気なくなると、その国のお金を持ちたくなくなり、手放そうとするのです。

 

そうなると、お金をたくさんばらまかれて、お金の価値自体が下がってしまう事態が起きてしまのです。