ハッピーライフスタイル

みうまがとままこが夫婦で子育てと仕事とお金について書いてます。

住まい・住宅ローン

離婚した時、住宅ローンが残っていたら?

結婚している夫婦なら一度や二度くらいこの単語が頭をよぎった人も少なくないでしょう。 離婚となると、結婚後に築いた資産を財産分与という形で分け合うことになりますが、その際に、大きな問題となるのが住宅ローンです。この問題で男性が窮地に立たされる…

リフォームや建て替えにはいくらかかる?

リフォームや建て替えの費用は見積もりを取って見なければ分かりません。 リフォームに関しては、同じキッチンの取り換えでも、どこまで手を加えるかによって金額に開きがあります。以前の記事 でも書いたように、キッチンだけを交換するつもりが、シロアリ…

リフォームか建て替えか?迷った時の考え方。

住宅には、補修や取り換えのサイクルがあります。 適切な時期に補修や取り換えをしておかないと、住まいの機能が低下して生活に支障をきたすことがあります。屋根や外壁の修理を怠って雨漏りなどで、構造自体の弱体化をしてしまうケースもあります。 セカン…

あなたの持ち家どうする?

50代は人生の折り返し地点。子ども達の手が離れ、自分の為や夫婦のために今後のセカンドライフを立てて、実行に移す準備をする時期です。 ここで、生活の拠点ともいえる住まいをどうするかが重要になります。

マイホーム貯金をするために初めにする事

結婚したらいつかはマイホームと夢を見ている人もいる事でしょう。 人生で最大の買い物【マイホーム購入】で必ず直面するのがお金の問題です。 新築や中古、地域や建物によって必要な資金は異なりますが、実際にいくら位貯めればよいのか?自分達には貯めら…

資産価値が下がりにくい家の選び方と維持管理

マイホームは資産です。 資産家の中には、家を購入する際に自分は賃貸に住んで、購入した家を貸していると言う人もいるそうです。そうした、マイホームと言う資産を正しく資産ととらえないと、その役割を果たせないで、必要な時に働きません。 私もそうでし…

住宅ローンの賢い借り換えの流れ

マイナス金利の影響で、住宅ローンの見直しの好機が到来しています。 住宅支援機構の【フラット35】が過去最低の金利になっているほか、メガバンクなどの民間銀行のローンも軒並み低下しています。前回の記事でも書いた通り、変動金利より固定金利の方が低い…

家賃や住宅ローンの月々の支払い目安は、収入の30%と言われていますが本当はどれくらいがベストなのか?

家賃や住宅ローンなどの住居費は給料の3割とよく言われています。 住居費というのは固定費で、節約等で下げられるものではありません。しかも、一度金額が決まってしまうと、何年も固定で支出して行きます。 給料の3割って結構なウエイトですよね? 30万…

マイナス金利の影響で、住宅ローン金利が固定金利が変動金利を逆転!?

マイナス金利政策の影響で、変動金利を採用している住宅ローン利用者が金利を10年などの長期間固定する契約にシフトしているそうです。 8月で導入から約半年となったマイナス金利の影響で、住宅ローンの10年固定金利が0.3%という、超低金利の商品が出てきて…

住宅ローンはどんな借り換えがベストなのか?今、繰り上げ返済はいけないのか?

マイナス金利政策で急増しているのが、住宅ローンの借り換え需要です。最近の大幅な金利低下によって数年前に住宅ローンを借りた人でも得をする可能性があります。 住宅ローンの借り換えを検討している人は、この機会を逃さない方が良いかもしれません。とは…

「二世帯住宅」の方が親の援助があるんで負担が少なくてお得!…ってほど現実は簡単ではありません。

最近では、二世帯住宅を建てて親と同居をしている家庭が増えていると聞きました。 その一番の要因は、景気の悪化により私達子世代の収入が減少傾向が続く中、マイホーム購入まで資金が回らないと言う事が挙げられます。一方でマイホームを建てている親世代も…

ずっと賃貸か中古でも持ち家か?現在のような状況で中古でも持ち家購入はお得なのか?

以前の記事で、賃貸VSマイホームどちらがお得なのかを書きました。 今日は少し見方を変えて、賃貸VS中古の持ち家ということで、資産価値の面と使い勝手という側面で見てみたいと思います。

賃貸 vs マイホーム どっちがお得?

マイホームを購入か?それとも賃貸か? たけのこの里かきのこの山論争と同じような永遠のテーマですが、資産状況、家族構成、地域のよって違いますが、一体どちらがお得なのでしょうか? わたくし個人的な意見では、【マイホーム】が良いと思っています。