ハッピーライフスタイル

みうまがとままこが夫婦で子育てと仕事とお金について書いてます。

繰り上がり・繰り下がりのたし算・ひき算を躓かずに学べる方法

f:id:miumaga:20180509185944j:plain

一年生で一番最初に躓きやすい単元と言ったら、『繰り上がりのたし算』と『繰り下がりのひき算』です。

今回は繰り上がり・繰り下がりの計算を行うために必要な『あらかじめ持っておいた方が良いスキル』と『スキルを磨く方法』を考えていきます。

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

 

繰り上がりのたし算・繰り下がりのひき算をするにあたって必要なスキルは

 

 

(数の)まとまりを作ること

 

もしくは

 

数列を考えること

 

だと思っています。ということで、各々どんなことをしたらその考え方を学べるか?考えていきたいと思います。

 

数のまとまりを学ぶためにできること

まとまりを作ること(実際には『なかまをつくろう』という単元です)は学校へ行って算数を学ぶときに一番最初に行います。教科書によっては違うかもしれませんが。

 

この『なかまをつくろう』の単元は、学習時間が一時間と短いうえ、仲間を作るのは動物の種類や立っている場所など。数字と動物だと最初は上手く結びつかないかもしれませんが、教科書以外の遊びやモノを使うと上手く身につけられます。

 

 

例えば

鉛筆8本 と 消しゴム2本

プレーンクッキー5枚 と チョコレートクッキー5枚 など。

 

 

身近なものを数えながら仲間を作ることで、徐々に数字と結びついていきます。日常で取り入れるならお菓子やおかずなどを取り分ける際にお手伝いを通すと自然に取り入れられそうです。盛り付けで「○個ずつ入れといてね~」とか「全部で○個入ってる??」とかいくらでも意識づけできます。

 

 

※何もせずとも算数の考え方が身についている子は、数が数えられるようになると勝手に物を数えはじめたりします。トランプの枚数を数えたり(色ごと、マークごとなど)並べたり。幼稚園などの出席シールを貰う度に枚数を数えてみたり後何日でシールが全部埋まるか数えてみたり。増えたり減ったりを毎日数えてきて経験するので簡単に想像しやすいだと思います。

 

 

その延長上に繋がるのが、『いくつといくつ?』…つまりは数の分解の単元。

 

毎回ドリルで行うのは子どもも大変。勿論、おはじきや個数のハッキリとしたお菓子を使うのも良いでしょうが、

 

  • 必ず10本と数が決まっていること (⇒繰り上がり・繰り下がりに繋がりやすい)
  • 身体を動かせること(身体を動かしておぼえた方が記憶に定着しやすいと言われている)

 

からボーリングをお勧めします。何もボーリング場へ足を運ばなくても、家でボールとペットボトルを使って手軽に遊ぶのも良し。紙とペンやホワイトボードで結果を書いていけば視覚的に数の分解へ繋がるからばっちりです。家族内でボーリング大会しても盛り上がりそうですね。

 

楽しい!と思えれば後は勝手に始めるし、自分達からやりたい!と言い出すかと思います。

 

この数の分解がスムーズに行えると繰り上がりの足し算、繰り下がりの引き算であっても理解しやすくなりそうです。すぐには身につかなくても遊びながら気がついたらできるようになるでしょう。

 

 

数列を考えられるようになるためには??

繰り上がり・繰り下がりの計算にもう一つの方法が数列を考えること。これに結びつきやすいのが

 

  • しちならべ(トランプ)
  • すごろく  です。

 

『しちならべ』はそのまんまですよね。視覚的にも完全な数列です。『すごろく』も一年生の教科書に載っていたりするほど算数の要素が詰まっているものです。

 

駒を動かす要素も数を数えて前に進んだり後ろに戻ったりする場面を何度も経験しておいた上で繰り上がりや繰り下がりの単元に入れば、頭の中に『数列上で数を増やしたり減らしたり』する場面を思い浮かべやすくなります。

 

そういった経験が繰り上がりや繰り下がりの計算につながります。

 

あと変化球ですが、階段などでやる『グリコ・チヨコレイト・パイナツプル』(地域によって違うかも知れません。じゃんけんで勝った人が出した手の形ごとに決められた歩数を進む遊び)も数列上で数を増やす・減らすを想像しやすくなる要素が詰まっていると思います。

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

そういった遊びを通した経験をたくさんしておくことで躓きが少なくなるのかなー?なんて個人的には考えています。

 

今回は繰り上がり・繰り下がりに限定してますが、折り紙が図形の補助線を考える一助になったり積木遊びが体積を求める一助になったりします。遊びなら親が「やりなさい」なんて言わなくても自分達から積極的に学べます。

 

お勉強にどこで繋がるかも分かりませんし、何よりも健やかに過ごせることを考えると小学校低学年くらいまでは色んな遊びを教えたり一緒に遊んだりすることも大切な気がします。

 

ままこ