ハッピーライフスタイル

みうまがとままこが夫婦で子育てと仕事とお金について書いてます。

奨学金をもらうには・・・?

 

f:id:miumaga:20171217090052j:plain

子育てしていく中で、本人が将来やっていけるかどうか?も悩みのタネになりますが、同じくらい気になるのがお金の話。

 

今後奨学金を充実させていくということで、平成29年度から給付型奨学金が創設されました。なるべく奨学金は避けたいと言ってきた私ではありますが、実際に将来の進路によって使わなければダメな事態も出てくるかもしれません(なお、現在では全学生の約4割が奨学金を利用していると言われています)

 

ちょうど給付型奨学金についてのニュースも出ていたので、奨学金について調べていこうと思います。

www.kyobun.co.jp

 

<スポンサードリンク>

 

 

奨学金ってどんなもの?

そもそも奨学金とは大学等に行く際に経済支援を行ってくれるもので、

 

  • 返済義務のある奨学金(無利子の場合と利子付きの場合がある)
  • 返済義務のない給付型の奨学金

 

とがあります。

 

貸与型は返済義務があるということで、近年では不景気の煽りを受けて大学卒業後に多額の奨学金返済で苦しむ人が増えているそうです。

 

そこで給付型奨学金を充実させようというのが給付型奨学金の創設の原点。貧困の連鎖や教育格差をなくそうというのも、もう一つの理由です。

 

 

奨学金はどういう団体が支援しているの??

自分自身が学生時代は高校の頃に案内の来た日本育英会奨学金しか知りませんでしたが、実際に支援している団体は様々です。

 

なお、日本育英会日本学生支援機構JASSO)という団体の前身。そこ以外にも奨学金の支援団体が複数あるので JASSO 含めて何があるのか見ていきましょう。

 

 

日本学生支援機構(JASSO)

【給付型奨学金の場合】

進学後の奨学金の申し込みは『なし』となっています。

 

 経済的に修学困難な学生の進学を後押しすることを目的として実施する制度であることから、進学前の申込み(予約採用)のみ

 

とあることから、高校などで希望を募ったうえで特定の条件(経済状況・成績)を満たすと学校側から推薦してもらえます。

 

ですが、基準が厳しく本当に必要な人に行き渡っていないのが現状の様だとの調査結果が出されています(現在は会員限定でしか見られません)

 

なお、金額は国公立の場合が月額3万円(社会的養護が必要な人限定)、私立が月額4万円となっています(2017年度)

 

 

【貸与型奨学金の場合】

無利息・利息付のものとがあります。

利息付の場合、金額の選択肢・奨学金利用者の選考基準が無利息の物よりも幅広いので多くの方が利用できるようになっています。

 

また、給付型と異なり在学中でも奨学金を貸与できるケースがあります。親の会社の倒産や災害被害など突然のアクシデントにも対応できるようになっています。

 

 

大学・地方公共団体によるもの

大学・地方公共団体等が行う奨学金制度 - JASSO

一つひとつ調べていくのには骨が折れるので、奨学金制度検索を利用してみると便利です。

 

大学による奨学金は、給付型の場合が多いです。その判断基準は、成績優秀者(学業成績・競技成績・※文化活動実績など)だけに限らず、TOEIC®、TOEFL®、英検、漢検、簿記、P検など外部の試験で好成績を収めてきた人、というように大学によって異なります。

 

※文化活動実績とは・・・スピーチコンテストや論文コンテストなど

P検・・・P検-ICTプロフィシエンシー検定協会

 

また、進学後の大学在校中に奨学金を受けられる場合もありますが、

 

  • 予約採用の方が奨学金利用の可能性がグッと高くなること
  • 受付期間が限られている場合が多くあること

 

を踏まえて早めの情報収集を心がける必要があります。

 

 

民間団体によるもの

www.cocacola-zaidan.jp

www.dentsu-ikueikai.or.jp

www.toyota-rikeijosei.or.jp

www.jt-scholarship.or.jp

などの有名どころの企業が数多く奨学金を支援しています。調べてみると、かなりの企業や団体が支援しているので条件に合いそうな奨学金を利用するのが良いと思います。

 

他にも

  • 新聞社によるもの
  • スポーツ・音楽・芸術分野に特化した奨学金
  • 地域限定の奨学金

など多岐に渡ります。

 

新聞奨学生の場合、卒業まで新聞配達等に従事することで権利を得ることができます。

 

スポーツ・音楽・芸術分野だと有名どころはヤマハによるもの。音楽の場合は若くからかなりの金額が必要になりますので、13歳から利用できるそうです。

www.yamaha-mf.or.jp

おもしろいものだと

slamdunk-sc.shueisha.co.jp

なんていうのもあります。

 

業界は限定されますが、看護学校などの医療系の学校では卒業後に数年働くことを前提に奨学金を受けられることもあり得ます。

 

 

 

今回紹介した奨学金はあくまで一部。情報収集や学校の対応次第では複数の奨学金を利用して学費だけでなく生活費を賄うことも可能かもしれません。特に地元を離れた大学を希望する場合だと、学費だけでなく生活費も必要になるため半端ない金額が必要になります。

 

  • 給付型を受けられるケース
  • 貸与してでも学びたい、且つリターンが期待できるケース

 

だと奨学金を受けた方が良いような気もします。『奨学金はなるべく受けない』という考えは大前提としてありますが、絶対に避けよう!というものではなく上手に利用するのが良いのかな?と思います。