ハッピーライフスタイル

子育てを中心に日々の生活で感じたことを書いていきたいと思います。

どうする?子どものお小遣い

f:id:miumaga:20170810104658j:plain

子どもが小学校へ入学する年になってくると、兄姉のいるご家庭から少しずつお小遣いの話を聞くようになってきます。実際に我が家では小学2年生の進級を機にお小遣いを渡し始めました。

 

今回はそんなお小遣いを渡す時にどんな事を考えておけばいいか?親側が考えておいた方が良いことをお伝えしていきます。

 

スポンサードリンク

 

 

 

お小遣いを上げ始める年齢はいつ頃から?

もちろん〇歳からあげましょう、という明確な年齢はありません。

基準となるのは

 

  • お金の価値が分かる
  • ルールを守ることが出来る

 

この二つが大前提となります。加えて、『計算ができる』もあれば尚更良いかもしれません。

 

個人的には『計算』については何度も経験する事で身につくのと算数のモチベーションにも成り得ると思っていたので、除外して考えました。

 

『お金の価値が分かる』『ルールを守ることが出来る』ことは、普段の生活やお年玉の使い方などである程度見えてくるかと思います。

 

お小遣いをあげる理由を考える

『適切な金銭感覚を身につけて欲しい』この理由が一番大きいのではないでしょうか?加えて『お金は働いて獲得するものと覚えてもらいたい』という考え方の家庭もあるようです。

 

どの部分を重視するかは家庭によって異なります。『お小遣いのあげ方』によってその重要視する部分を伸ばすことも十分できるので『周りがあげはじめているから』だけではなく『あげる理由』を明確にすることも大切だと思います。

 

適切な金銭感覚を身につけて欲しい場合

適切な金銭感覚を身につけるには実践あるのみ!になります。多少の失敗でも金額が小さいうちは、そこまで痛手ではありません。失敗を積み重ねるうちに『使いすぎて買いたいものが買えなくなる』『友達との付き合いに影響が出る』などを学んで行きます。そのうち本人の欲しいものの値打ちと実際の値段のすり合わせなんかもできるようになることでしょう。

 

また、最初のうちは一気に渡すと一気に使うことも多いもの。適切な金銭感覚を身につける事のうち『計画的に使えるようになって欲しい』って部分を特に重要視したいのであれば

 

  • 3日に一回、1週間に一回など子どもが見通ししやすい頻度で小遣いを手渡す
  • 子どもにとって必要な『お菓子を買う』など目的意識を持たせて小遣いを手渡す

 

といった方法が考えられます。少しずつできるようになれば一度にあげる金額を増やして頻度を少なくしたり『お菓子』以外に『文房具』を購入するためとして少し多めの金額を手渡したりするなど工夫が出来るかと思います。

 

お金=労働の対価を身につけてもらいたい場合

こちらは家庭によってだいぶ考え方が変わりますね。『お金は働いて稼いでくるもの』『湧いて出てくるものじゃないから大切にしてね』っていうメッセージを送ることはとっても大事です。

 

『お金=労働の対価』『お金の大切さ』『稼ぐ事の大変さ』を知るために『手伝いをしたら10円』って方法は非常に有効です。しっかりとした子に育つことと思います。

 

が、家の手伝いをしてご褒美として渡す方法を取る場合『家族のためにしてほしいこと』でもご褒美あり気じゃなきゃ動かなくなってしまう場合があるので要注意。常日頃から感謝の気持ちを伝えていくなど精神的な面でのフォローが必要となります。

 

 

さらに親子間でルールや目的を明確にするのが大切です。次回は親子間で話した方が良い『お小遣いのルール』『目的』そして『金額』についてもお話していきます。