ハッピーライフスタイル

子育てを中心に日々の生活で感じたことを書いていきたいと思います。

家庭でできる英語教育

f:id:miumaga:20170724085257j:plain

上の子が3歳、下の子が1歳頃から始めたディズニー英語『DWE』ですが、中古で安いものを購入したため、主に活用できる教材がDVDとCD、絵本のみでした。

 

それだけでは飽きてしまうから、と始めたのがDWE以外の絵本を読むことやサイト・動画の活用です。おそらく『DWE』をやっていない方でも何かのヒントにはなるかと思います。

happy-lifestyle.hateblo.jp

 

スポンサードリンク

 

動画サイトを活用しよう

ここから好きな絵本を探したり(以前、記事でおススメ第1位にした『Goodnight Moon』は絵本ではなく動きのあるアニメーションとして動画がアップされているので分かりやすいです)『Cartoon』 と入力して動画検索したりして視聴してきました。


Goodnight Moon - Story in High Quality

 

ただし、既に日本語の意味が分かるようになった年齢の子にストーリー性の高い動画を見せることは止めた方が良いと思います。英語の家庭教育を導入する際は、短いほぼ単語だけで構成されているような絵本調の動画から始めた方が失敗が少ないでしょう。

 

日本語のテレビよりも英語を聞き慣れた下の子に合わせて難しめの英語の動画を見せてしまった結果、上の子が英語嫌いになりかけました。毎日二人分の動画を見ると時間が長すぎだし…ということで一日交代でそれぞれほぼ同じ時間だけ日本語・英語の動画を交互に見せてはいたのですが。バランスが非常に難しいので兄弟姉妹のいる方はお気を付けください。

 

兄弟姉妹のバランスを考えることは、英語に限らず他の習い事でも出てくる問題でもあります。いずれ別記事で記載する予定です。

 

自作カードを作ってみよう

本や動画を見ただけでは意味がなかなか入ってこないと思ったので、更にカードを自作しました。

 

その時に利用したのが Home - Mr Printables のサイトです。『Learn』から入って『Alphabets & Words』で『Alphabets flash cards』、同じく『Learn』『Colors』からの『Corlors flash cards』などをダウンロードしていきます。

 

オシャレで可愛い上に印刷をして作るだけだったので、あまり考えずに家で毎日のように刷っていたのですが…当然カラーインクの減り方がすごいことになりました。値段を考えると100均などに売っているカードの方がお得な気がしています。

 

ただ本当に可愛らしいペーパークラフトがたくさんあるので、『英語勉強のための教材を』というよりも単に作りたくて毎日入り浸っていました。

 

おススメは、ABC Cafe!!女の子向けではありますが、アイスクリーム、ビスケット、ジュース…様々なスイーツのカードにスペルが書かれていて、姉妹二人でおままごとにも使って遊んでいたようです。

 

同時に教材作りと言いながら、子どもに日本語検索だけでなく違う方法で調べたら『こんな素敵なものも見つけられるんだよ』と視野を広げて欲しいなって意図もありました。勉強そのものよりも好きになるきっかけになりそうなものの『種』を蒔いている感じです。

 

種が実際に身になっていくかは分かりません。あとは本人たちの選択次第ですね。

 

ゲームができる学習サイトやアプリを活用しよう

下のものは、一部ではありますが無料で使用できるサイトです。無料分だけでもデジタル絵本の読み聞かせの他、フォニックス、アルファベットをゲームで学べるので、英語=楽しいものとなった気がします。

 

一時期、英語が嫌いになりかけていた上の子でも、下のサイトでは何だかんだと遊んでいました。

 

english-4kids.com

 

 

他にも色々ありますので、お気に入りを見つけてみてください。

learnenglishkids.britishcouncil.org

contest.japias.jp

www.bbc.co.uk

ABC KIDS

Smile of A Child TV