ハッピーライフスタイル

子育てを中心に日々の生活で感じたことを書いていきたいと思います。

幼稚園の選び方

f:id:miumaga:20170712113109j:plain

幼稚園は家庭から飛び出して社会生活を送る第一歩。できることなら親としてはしっかりと成長できる幼稚園に通わせたいもの。なるべく失敗はしたくないものです。

 

今回はそんな『失敗のしにくい幼稚園の選び方』を語っていきます。

 

スポンサードリンク

 

 

はじめに

遊び時間を優先させる『のびのび幼稚園』が良いか?教育に力を入れる『お勉強系幼稚園』が良いか?なんて幼稚園に入園させる前は色々考えてしまいますが、まずは

 

  • 我が子の性格や特徴を考える 
  • 親は何を大事にしたいのか明確にする

 

この2点だけでもハッキリとさせときます。

 

我が子の特徴や性格などと親の希望が明確になれば、幼稚園の方針を見てある程度の取捨選択が出来てくるはずです。

 

その上で実際に足を運び子どもに合いそうと思える場所を選びます。これが幼稚園選びの初めの一歩です。

 

ただし、まだ小さいですから疲れや体調により不機嫌も十分にあり得ます。できるなら何度か足を運べるような就園前のプレ保育みたいなものに通った方がより子どもの様子を確認できるかと思います。

 

 

他に見ておいた方が良い点がいくつかありますので、紹介しておきます。

 

費用はどのくらい?

どちらかと言えば『お勉強系』の方の費用が高い傾向にあります。体操や英語など本格的な先生を外部から招いて活動を行うことが多いためです。

逆に『のびのび系』の方が「小学校に上がる時が心配になってきた」ってことで習い事の分が余計にかかる場合もあり得ます。

 

周囲にその園出身のママや後々上がる小学生ママが近くにいるなら、あらかじめ情報収集しておいた方が良いかもしれません。

 

私立幼稚園が多い市町村だと支払った額の何%かが年度末に戻る場合もあるのでチェックしといてください。

 

また、近年は在園途中で子ども園に変わる場合があります。費用も当然変わってきますので『子ども園になる予定はあるか?』も確認すると良いでしょう。

うちは在園途中で『子ども園』となって年度末に戻る予定のお金が無くなったことで、かえって幼稚園の経済負担が増えています。

 

 

通いやすさ

幼稚園に入った頃は何かしらのトラブル発生も考えられます。場所によっては、親が月に1~2回は何らかの行事に出席しなきゃダメなところも。これが結構親にとっても負担です。下の子がいるような場合だと尚更。その点、近所で通いやすい場所に幼稚園があると負担が少なくなります。

 

そして、もう一点。公立小学校に行く場合、ある程度近所の幼稚園に通う方が同じ園出身のお友達もいて学校に馴染みやすくなります。…まぁ、子どもの場合は時間が経てば幼稚園関係なくお友達ができるのであまり気にしなくて良い項目かもしれませんが。

 

イベントの多さ

親としては子どもの様子や成長を感じられるいい機会ですし、非日常体験を経験できるのは確かに素晴らしい。

 

ですが、園外活動や保護者を招いた行事など大掛かりなものが多いと子どもにも先生にも負担となる場合があります。必ずしもいい面だけでなく子どもにとってマイナス面が出る場合があることも気にかけておいた方が良さそうです。

 

行事少なめの幼稚園の場合『イベントが少ない=非日常体験が少ない』とも言えますが、逆に言えば日々の生活を大事にしていると言うことも出来るかと思います。

 

『子どもの体力』『ベテラン先生の割合』などを見て、子供や先生の負担はどうか?を考慮すると良いかもしれませんね。

 

先生方の人柄や雰囲気

特に園長先生の方針によって幼稚園の雰囲気やカラーが変わる場合が多いので、園長先生の方針はしっかりとチェックした方が良さそうです。

 

加えて、園長先生以外の先生を見る場合は、子ども達がどんな表情で遊んでいるか?がかなり大切だと思っています。

 

他にも挨拶はしっかりしてそうか?一人でポツンとしている子にフォローはあるか??も気になるところです。一人でいる子の中には、集中して遊びたいっていう理由の子もいるので見極めが必要ですが…

 

預かりはあるの?

幼稚園と言っても、最近はパートを始めているママさんもかなりいらっしゃいます。そんな時に頼りになるのが預かりです。

 

午前9時から午後2時頃までの保育が多い幼稚園ですが、終わった後に費用を支払えば預かってくれる場合があります。長期休みも同様です。

 

働くママの力強い味方になってくれることでしょう。

 

どんなランチをとるの?

毎日お弁当を作る園、給食が毎日出てくる園、混合型と様々です。それぞれの生活や方針等から考えてみてください。

 

給食は楽は楽ですが、外注のために献立がイマイチ…なんてこともあるので、気になる方は給食の内容を確認した方が良いかと思います。

 

まとめ

色々と幼稚園を選ぶ際に見ておいた方が良いポイントを紹介してみましたが、それぞれの家庭や幼稚園で教育方針が異なれば選び方も様々です。

 

お子さんが一番優先なのは当然ですが、幼稚園の場合は親の関わりも多くなりますから親の負担も考慮して決めると後悔しないかな??と個人的には思っています。

 

どうぞ満足のいく幼稚園を見つけて楽しく園に通ってくださいね。