ハッピーライフスタイル

子育てを中心に日々の生活で感じたことを書いていきたいと思います。

大学費用、一体いくら位の貯金が必要なの??

f:id:miumaga:20170703182444j:plain

私立か国公立か?地方か都市部か…子供の進路や環境により、かかる費用は全く異なります。

 

そんな教育費でも、一般的に言われているのが『大学費用が最もかかる』ということ。今回はそんな大学4年間に必要な経費を調べ、どの位貯めていけばいいのかを検討していきます。

 

スポンサードリンク

 

 

大学別・必要経費

分かりやすく、端数を端折っているのでご了承ください。

大学 入学金 授業料

4 (6)年間の合計

国立 約28万円 約54万円 約250万円
私立文系 約24万円 約75万円 約390万円 
私立理系 約26万円 約105万円 約530万円 
私立医歯系 約104万円 約274万円 約2080万円

価格.com - 大学の学費・教育費 | 学資保険の選び方 | 保険の比較、相談、見直しより

公立大学だと国立とほぼ一緒ですが入学金が若干高くなります。

※私立大学は入学金と授業料の他、施設使用料というものがかかってきます。中には学年が上がるにつれ、施設使用料が上がるところもあるようです。

 

上の参考金額はあくまで大学のみの費用です。自宅からの通学でも交通費がかかる場合もあるでしょうし、実習などで必要な経費があるかもしれません。

 

近年の傾向として、私立大学の場合は入学金や施設利用料を減額させ入学しやすくしているようです。一方、少子化の影響から授業料そのものは増額させているといいます。

 

加えて、自宅外からの通学の場合だと下宿費用など仕送りが必要です。東京など首都圏に行く場合は10万円弱と言うのが相場。一人暮らしの家賃平均が6万円ということで、足りない分はアルバイトで補います。

 

自宅からの通学と自宅外からの通学で必要な経費は、大学生にかかる教育費はどれくらい?|公益財団法人 生命保険文化センターのサイトで分かりやすく書いてあったので、参考にしてください。

 

 

貯蓄のための目標金額を設定しよう

年収が高いならそこまで多くの貯蓄をしなくても仕送りなど月々に必要な額を賄えるのかもしれません。

 

ですが、子どもが大学入学する時には親世代は 40代後半だったり50代だったり。定年も間近になってくると思いがけない給与削減の話もよく聞きます。できるなら何かあっても対処できるだけの金額は貯めておきたいものです。

 

大学の必要経費や年齢・兄弟など考慮してそれぞれで目標金額を設定してください。

 

参考までに、目標金額別の月々の貯金額を載せておきます。端数は繰り上げていて、ボーナスは関係なしの金額です。

 

  200万円 300万円 400万円 500万円
5年 33,400円 50,000円 66,700円 83,400円
10年 16,700円 25,000円 33,400円 41,700円
15年 11,200円 16,700円 22,300円 27,800円

 

児童手当をそのまま貯めるだけでも 200万円弱は貯まります。残りの金額を学資保険等で貯めれば無理なく貯めることも可能です。

 

できるなら私立理系・自宅外通学を想定して貯めたいところですが、正直厳しい。そんな時は家庭の状況を子どもにも話して現実的な選択をするのもありだろうなと考えています。

 

金額が金額なので、短期間でどうにかしようとしても難しいです。あらかじめ出費の金額と時期が予測できるので逆算して資金計画を立てて後々乗り切りたいと思います。