ハッピーライフスタイル

子育てやお金に関する事を書いていきたいと思います。

幼児期の「なんで?」を大切にしよう

f:id:miumaga:20170611110751j:plain

後々頭を良くしていくためには、子どもの好奇心を育てることが大切だとよく言われています。

 

家事や仕事をしている最中に「どうして空って青いんだろう?」などと聞かれると、つい「後でね」と言いがちになりますが、この小さな疑問に答えていくことが後々好奇心旺盛な性格を伸ばすことに繋がります。3歳頃から6歳頃までが特に多いそうです。

 

そんな3歳から6歳頃の時期に、どう対応すれば好奇心を育てたり自ら調べたりできる子になるか調べてみたり実際にやってきたりしているので紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

 

まずはすぐに誠意をもって応えよう

せっかく疑問を持ったんです。チャンスと思ってすぐに応えます。すぐに応えられないでいると(答えを教えるのではなく)、疑問自体を忘れてしまうことがあるためです。

 

大人から見て当たり前のことを聞いてくることもあるかもしれませんが、当然そんな時に笑う・バカにするのは厳禁。親がすぐに分からないこともあるかもしれません。そしたら、それはそれで辞典や図鑑で調べるためのいい機会です。仕事をして手を離せない時は「あとで一緒に調べよう」でも十分、誠意のある対応になります。

 

忙しすぎて親の方も忘れることもありますがあまり続くと信頼を失うので、時には的外れでも良いから「ひょっとすると〇〇なのかな?」とか親が考える意見を出してみる、あるいは夢のある答えを言ってみたりするのも良いかもしれません。

 

ただし、毎回律儀に応えていると「質問を聞く」だけの行為で終わりそうになります。そんな時には次のような対策を練りました。

 

逆質問を織り交ぜよう

うちの場合ではありますが、毎回質問されて律儀に答えていると『聞いて終わり』となってしまいました。おそらく他のお子さんでも同じような子は多くいらっしゃると思います。

 

そんな時は逆に『どうしてだと思う??』と聞いてみると、子どもの考えが聞けて面白いです。空想に近いことを答える場合もあるでしょうが、そんな答えも否定せず楽しんでしまいましょう。

 

事実かどうかは二の次で、そういった想像力を働かせることが必ず何かに繋がるはずです。事実は、今後の長い人生の中で知る機会も出てきます。

 

とにかく自由に考えたり想像したりする行為・調べたりする行為を何度も何度も経験することで自分で考えたり調べたりするようになります。そういう機会をなるべく増やした上の子の場合は小学生に上がって質問期から少しずつ離れる時期にも自分で調べたりできるようになりました。

 

逆質問を織り交ぜない方が良い場合

以上があくまで一般論の場合。逆質問をすることで「分からない」と逃げる子もいます。そういった子の場合は、答えを教える・一緒に調べるなどで自信をつけさせる方が先になります。

 

なぜ自信がないか?ですが、『親が子どもの答えを否定する』場合や本人なりに考えちゃいるけど『自分の言葉として伝えられない』場合が考えられます。

 

その自信のなさの原因によって親の対応を変える必要が出てきます。

 

前者の場合は当然最後まで話を聞いて否定しないと心がけることで子どもの態度も変わることでしょう。

 

後者の場合はお喋りの場数を踏ませるのが一番の近道なので、普段からの会話をマメにするのが大切です。逆質問がプレッシャーになって疑問を口に出さなくなる場合があるので、一緒に調べたり答えたりする方が好奇心に繋がるかもしれません。