ハッピーライフスタイル

子育てを中心に日々の生活で感じたことを書いていきたいと思います。

手先が器用になるためには

f:id:miumaga:20170515082952j:plain

手先の器用さ、実は赤ちゃん時代の頃はそうそう個人差はないと言われています。が年齢を重ねるに連れて出てくる手先の器用さ不器用さ。何が個人差を生むのでしょうか??

 

今回はそんな手先の器用さがテーマです。

 

スポンサードリンク

 

 

赤ちゃんの手の発達を改めて確認しよう

そもそも赤ちゃん時代は、手先が器用とかいう以前に「自分の手の存在を確かめる」ことからはじめなければ「目で見て思った通りの場所に手を持っていく」動作ができません。

 

赤ちゃんが自分の手をジッと見たり拳を口に持っていったりするのは「自分の手を認識」するためと言えるのです。そのうち何度も玩具を口元に持っていく動作を繰り返すことで、徐々に「目で見て思った通りの場所に手を持っていく」ことが出来るようになります。

 

そうこうしているうちに、赤ちゃんは寝返り・ズリバイ、そしてお座りの時期、ハイハイの時期へ以降していきます。

 

 

どうして手の器用さを語るのに動き方や姿勢の話をしたのか、と言いますと。

 

姿勢が安定していないと手先を自由に動かせないためです。

ハイハイは姿勢を安定させる筋力を養うのに最適な運動となります。

 

とは言え、ハイハイしなくても心配し過ぎることもありません。してなくても違う動きを洗練させていたり何か違うことを学んでいたりするので、あまり気負い過ぎなくても大丈夫。親の協力が多少は必要になるかもしれませんが、後々ハイハイやハイハイに準ずる活動をすることでも十分取り戻せます。

 

とにかく姿勢を安定させることによって、ようやく掴む・つまむの動作がスムーズに行えるようになるのです。

 

 

実際に器用になるためには何をすれば良いのか??

姿勢の良さが器用さに繋がることをお伝えしました。普段から動きが少しフニャフニャするような子(まっすぐ座れなかったり何もないところで転んだり)の場合は、ひょっとするとお腹や背中を使う動きを経験することで器用さに繋がるかも知れません。

 

身体の中心部は安定してそうなのに不器用な場合は指の力が足りない、もしくは上手く力を抜けない場合が考えられます。

 

指先の力を鍛えるには、とにかく指先を使う遊びをたくさんすること。最初はチラシをビリビリ破くことから始めても良いですし、グチャグチャに丸めるだけも良いと思います。あとは難易度を考えながらのビーズ遊びなどでしょうか。四角い箱にゴムを引っ掛けて即席ギターを作りつまんだり弾いたりするのも有効です。

 

もちろん白玉作り、パン作り、粘土など指先を使ってコネるような活動も指先の力をつけることに繋がるので取り入れて見てください。食べるお菓子の形状を考えてみるのも一つです。プリッツ、ポッキー、こんぺいとうに粒状のチョコレート。どれも必要にかられて自然につまむ動作が行えます。

 

逆に力が抜けない場合。そんな時は料理のお手伝い。卵を割ってみたり一つまみの塩を振りかけたり。どちらも手の力を緩めないとできない活動です。

 

 

まとめ

基本的には手先の器用さは経験から(例外もありますよ!)。ダイナミックな身体を使った動きや遊びを基本に、様々な手先を使った遊びやお手伝いをすることで手先は器用になります。

 

折り紙、ハサミを使った工作などだけではなく、とにかく色々な経験を積ませてあげてくださいね。手先を器用にしておくと、幼稚園では特に褒められるような機会が増えて自信に繋がりますよ。