読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーライフスタイル

子育てやお金に関する事を書いていきたいと思います。

小学校入学までの準備どうする? ー心構え編ー

f:id:miumaga:20170427224206j:plain

 

親として気になることは、「友達とうまくやれるのか?」「学校に一人で行けるのか?」「勉強についていけるのか?」などなど。本当に色々あります。入学準備もどれだけしていけばいいのかも悩むところです。

 

いろんなところでランドセル商戦が始まったなんてことも耳にします。お兄ちゃんやお姉ちゃんのいるお母さんは「子供の好きな色がなくなるから早めに買ったよ」なんてことも言ってたりするので気持ちだけは少しずつ焦っていたりします。

 

個人的に今回は最低限必要だろうと思われる入学準備について考えていこうと思います。

 

「入学に必要なもの」は最悪、親だけで用意する事もできますが、子供の精神面や体力、生活習慣の獲得なんかは一朝一夕ですぐに出来るわけではありません。ここら辺が小学校入学に向けて大事になる部分じゃないかな、と思います。

 

  1. 生活リズムを整える
  2. 気持ちの準備をしておこう
  3. 和式トイレに馴れておく
 

 1.生活リズムを整えること

よく聞く「早寝早起き朝ごはん」です。

小学校は幼稚園や保育園より朝早いことが多く、お昼の時間も自分たちで用意するので少し遅めになります。そのうえで慣れない45分座りっぱなしの授業ですから、朝しっかり食べて体力をつけておかないと昼まで持ちません。

 

勉強・運動の基本にもなりますので、少しずつ早く起きられるようにしてお腹を空かせた状態で朝ごはんが食べられるようにしときたいところですね。

 

 

なお、早寝早起きのコツですが。

  • お風呂と歯磨きは1時間以上前に済ますこと
  • 日中は明るい場所で過ごすこと
  • 寝る前は暗く保つこと
  • 毎日同じ時間帯の食事と起床時間
  • 朝起きる時間は一定にし、起きたら日光をあびること

 

よく言われている早寝早起きのコツは以上になります。最初は『早寝』よりも『早起き』に重きを置いたほうが上手く行きやすいそうですよ。

 

2.気持ちの準備をしておこう

気持ちの準備と言ってもいろいろありますよね。

  • 新しい環境に馴れていくための心の準備
  • ママと離れて通学するための心の準備

 

小学校(新しい環境)に行くのは、憧れもあるけど不安もあるっていう状態の子が多いことでしょう。

 

そんな中で「もうすぐ小学生になるんだね」っていう周りの声が増えることや、ランドセル・机などを揃えていく工程を経て少しずつ心の準備が出来てきます。いざとなれば親や周りで準備しても良いですが、心の準備という意味では子どもと一緒に選びたいものです。

 

 

一方の『ママと離れて通学』ですが、なるべくなら事前に準備が必要です。まずは通学路の確認。交通事故の危険がありそうな場所や人目につかなさそうな場所を確認します。不安そうなら一度だけでなく何度か通ってみるのもありでしょう。

 

そして、身近に登下校を一緒にできる子がいないかの確認です。面倒かもしれませんが、町内会の集まりや地域の行事などあらかじめ顔を出しておくと登下校の際に一緒に行動できる子を見つけやすくなりますよ。

 

登下校出来るお友達が近所にいなければ、親子で登校するのも一つです。学校に慣れて近所にお友達がいると分かれば、そのうち「一緒に行く」って言いだすと思います。

 

親の方があまり心配し過ぎると伝わりますので、心配はしてもなるべく顔に出さずにドンと構えるのも大切です。

 

3.和式トイレに馴れておく

和式トイレについては特に女の子に言えることなのですが。

 

最近は公共施設でも和式トイレを見かけなくなりましたから和式トイレで用を足す経験が圧倒的に足りません。

 

小学校に入学すると和式トイレが嫌でたった一つしかない洋式トイレに子どもが並び、休み時間では間に合わない1年生もいるってことを聞いています。最近だと和式トイレに出会うこともありませんから練習も難しいですので、見かけたら是非練習させてあげてください。