ハッピーライフスタイル

子育てやお金に関する事を書いていきたいと思います。

頭が良くなる本棚

f:id:miumaga:20170424233614j:plain

若干『絵本との付き合い方』の記事とかぶりる部分がありますが。子どもたちの知的好奇心をくすぐれる本が読める環境をどうすれば整えられるか?少しばかり調べてみたのでご紹介です。

 

happy-lifestyle.hateblo.jp

 

本棚は共有しよう

家族それぞれの本を各部屋ごとに置くのではなく、共有の本棚にごちゃまぜに置くのが良いのだそうです。自分の趣味だけで完結することなく様々な本に触れることができ、子どもや夫に読んで欲しい本をこっそり紛れ込ませられます。

 

 

背表紙ではなく面表紙を

幼いうちは特にイラストや題名が目立つように表紙を表側に向けてディスプレイするのが良いそうです。手に取りやすく購入しやすいため本屋さんでもこの陳列方法を取っています。

 

題名だけでなくイラストや写真が載っていることで内容が想像しやすいのが背表紙を見せるディスプレイとの違いです。家族間でのコミュニケーションの種にもなりますし、趣味の理解にも繋がります。

 

 

本の並べ方

大きさで並べるのではなく、ジャンルごとになるべく近いエリアに置くのが良いのだそう。例えば歴史ならマンガ・小説・雑学関連の本などを一緒にしたり。電車の絵本と図鑑を隣り同士で配列したり。

 

ある程度並べ方に規則性を持たせると知的好奇心を刺激させることができるそうです。 

 

 

マンガも積極的に取り入れる

麻布中学式本棚では、面表紙を表にするディスプレイで尚且つ漫画も図書室に置いています。

 

 マンガを置くのは、まず手に取りやすいマンガから入り、半年後には星新一のショート・ショートを、1年経つころには夏目漱石の「こころ」を読ませるための、マンガから読書へとつなげる、麻布中学独自の方法。

麻布中学式本棚 頭のよい子が育つ本棚【3】 | ゆかしメディア | 23より

 

 

実際に文部科学省による親と子の読書活動等に関する調査では、

多くのマンガを所有している児童・生徒は、本も好きでよく読んでいる

という結果が出ています。

 

 

以前日本財団で「これも学習漫画だ!」100選を発表していましたし、あまり「マンガだから」と言わずに拒否せずに自宅にも置いておきたいものです。

 

※次回は個人的に購入したい娯楽性も高いけど学習に繋がりそうなマンガもアップする予定です。

 

 

リビングに本棚を置いておこう

家族間での会話のキッカケにもなることから共有スペースに置いておきます。できるなら一か所ではなく階段や踊り場、トイレなどにもあると良し。いつでもどこでも目に付く場所に本があることで、気になる時にすぐ本が開けます。

 

特にリビングには辞典や図鑑、地図を置くことで、テレビのニュースで気になる点があればすぐに調べられる環境を整えることができます。

 

本は自身の思考や趣味が反映されるものなので少し気恥ずかしいですが、知的好奇心を育むのにリビングの本棚はピッタリ。かなり恥ずかしい…という方は本棚部分にロールスクリーンや布をかぶせる等しても良いかもしれませんね。

 

なお、扉付きの本棚は少しだけ読書のハードルが高くなるので本好きにさせるための導入時期にはお勧めできません。

 

 

 

media.yucasee.jp

dual.nikkei.co.jp

allabout.co.jp