読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーライフスタイル

子育てやお金に関する事を書いていきたいと思います。

お風呂嫌いの子も楽しくお風呂に入る方法

f:id:miumaga:20170421103554j:plain

イヤイヤ期の間のお風呂は一苦労。入る前に「イヤ!」と言い、入ってからは「頭洗いたくない!」と言い。

 

単にあまのじゃくの場合もあるかもしれませんが、お風呂嫌いに理由を持っている子がいるのも確かです。今回はお風呂ギライの原因を探りつつお風呂に進んで入れるようになった方法を紹介していきます。せっかくなので、後々お勉強方面に繋がりそうなものをお伝えします。

 

お風呂嫌いの原因と対策を考えよう

以前、痛い思い・恐い思いをしたことがある場合

頭を洗う時にシャンプーが目に入ったり鼻に水が入って痛かったり。怪我をしている時にお風呂に入ってしみた経験がお風呂ギライにつながっていることがあります。

 

シャンプーハットを用意して使い道を教えることやお湯の量を少し減らすことが不安を軽減させられるかもしれません。我が子は初めてシャンプーハットを買った時テンションが高くなって自分から「入る!」と言っていました。

 

怪我がトラウマになっている場合、怪我をしていない場所はお湯に入れても痛くないことを実感させていくのが有効です。もしも傷があった場合は大げさなくらい絆創膏などで保護してあげると安心感を得られます。

 
お風呂のお湯が熱すぎる

大人と子どもの温度の感じ方は異なります。大人で丁度いい温度だと少し熱過ぎと感じることが多いです。少しだけぬるめの温度に設定して「ぬるめだから大丈夫だよ」と声をかけると入れる場合があります。ダメな場合は服を脱ぐ前に一度確認させてあげるのも一つの方法です。

 

裸になるのが怖い場合

親も一緒に裸になってお風呂へ入ってもダメな場合、手間はかかりますが水着を着せて入れるのもありです。我が家はこれでイヤイヤ期のお風呂を乗り切っています。水遊びの延長で楽しめるので毎回自分で水着を用意して「お風呂!」と言い出すようになりました。

 

 

結局は「お風呂=楽しい!」のイメージを作るのが大切。子どもにとって楽しいことと言えば、やっぱり『遊ぶこと』。ということで、お次はお風呂遊びを紹介です。

 

 

お風呂で楽しく遊ぼう!!

おもちゃを作っちゃおう

お風呂用おもちゃを購入するのも手ではありますが、お風呂に入る直前に自分達で作ってしまえば「持っていって遊んでみたい」っていう流れを演出することが出来ます。

 

とっても簡単で可愛いものなら下の手作りおもちゃがおススメです。小さいうちはコレで十分楽しめます。

kotopic.com

 

ちょっと難易度を上げて、動くオモチャなら

www.meg-snow.com

www.meg-snow.com

こんなのもあります。上のような感じだと、いずれ理科の実験みたいなものにも繋げられそうです。

 

お風呂用おもちゃを買っちゃおう

水遊び用のおもちゃをよく使っていましたが、お風呂用のクレヨンもおすすめです。勝手にお絵かきやら計算やらをしてくれます。

サクラクレパスせっけん

サクラクレパスせっけん

 

他のお絵かき商品がありますが、後処理が断然楽チンです。その分、ふやけやすいという欠点もありますが。

 

そして、おままごともおすすめ遊びの一つ。といってもオモチャのおままごとセットではなく 

f:id:miumaga:20170421100648j:plain

本物の計量カップと・・・

 

f:id:miumaga:20170421101224j:plain

本物の泡だて器

 

を使っていきます。計量カップとボウルに見立てた洗面器。そして小さくなった固形石鹸。いつの間にかお菓子作りごっこが始まります。時には、実際にお手伝いとしてやったことのある「〇〇ml牛乳入れといて~」なんて会話が出てくることも。今やっているプリキュアはお菓子作りをモチーフにしているので、最近は特に熱中しています。

 

最後に泡立てた石鹸で身体を洗えば、感覚遊びにも繋がるので一石二鳥にも三鳥にもなりますよ。