ハッピーライフスタイル

子育てやお金に関する事を書いていきたいと思います。

絵本好きにするために

f:id:miumaga:20170412225124j:plain

絵本は、子どもの空想をさらに広げてくれたり人の気持ちを想像したりするためにも好きになってもらいたいもの。言葉の発達や後々勉強の基礎になる読解力を身につけるためことにも繋がります。何よりも親子のコミュニケーションを取る素敵なツールにもなりますね。

 

絵本や本が身近なものになるには、親としてどんなことをするのが良いのか?今回は自分なりに感じてきたことを伝えられればと思います。

スポンサードリンク

 

 

好きな絵本を選ばせるのが良いの?親が良質な絵本を選べばいいの??

これは色々意見が分かれているようですが。

我が家では好きな絵本を選ばせるのをメインにしながら時々親の選ぶ本も忍ばせるスタイルを取っています。

 

あまり読んで欲しくない本もあるかもしれませんが、2年後3年後もその本をずっと読み続けることはありません(たまに見返すことはあるかもしれませんけど)

 

 

本に集中できない子が本好きになるまで

上の子は3歳くらいまでプレ幼稚園や子育てサロンの読み聞かせで脱走するような子。もっと小さい頃だと家で本を読もうとしてもチョロチョロしちゃうし、珍しく膝に座って本を開いていてもページを開くことに夢中になり読み聞かせしている方も思うようにできませんでした。

 

今思えば『ページをめくって遊ぶ』ことを十分楽しませればよかったのですが、親も『読むこと』に重点を置き過ぎていた気がします。結局、負担が大きすぎて1歳過ぎには既に絵本の読み聞かせを諦めて中断しています。

 

 

そんな中で2歳頃、上の子にとっても親にとっても運命の(っていったら大袈裟ですが)絵本に出会います。プリキュアのあそび絵本です。

 

ドキドキ!プリキュア おえかきえほん (講談社 Mook(おともだちMOOK))

 

こんな感じのやつですね。

 

これだけは1ページ1ページゆっくり開くことが出来ました。遊びながらっていうのが我が子には利いたようです。しかも絵が可愛いと大興奮し、プリキュアの他のアニメ絵本に広げていくことに成功します。

 

もう今ではできませんが、プリキュア全盛期の頃には歴代プリキュアの名前を全員答えられる程でした。

 

その後、たまたまディズニーのdvdを見る機会が増えると、そこからディズニーのアニメ絵本に興味が広がりました。次はディズニーの小さな絵本に移り、そのうち同じ小さな絵本の昔話シリーズや世界名作シリーズに興味が向くようになったのです。

 

世界名作絵本シリーズは私が子どもの時に読んでいたものが家に置いてあったので、特に子どもに選ばせていたわけじゃありません。ですが、知らない間に読み聞かせをねだるようになっていました。

 

そのうちに図書館へ行くようになり、一度に10冊くらい好きな絵本を借りています。割とこの子に関してはペネロペシリーズなどテレビと連動したものから読んでましたが、年長さんには幼稚園で読んでもらったエルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)にもはまれるようになっていました。

 

 

ペネロペおはなしえほん (5) ペネロペのおかいもの (ペネロペおはなしえほん 5)

ペネロペおはなしえほん (5) ペネロペのおかいもの (ペネロペおはなしえほん 5)

 

 

更に小学一年生になってからは読み聞かせだけでなく一人でも読むようになりひみつの花園 (10歳までに読みたい世界名作)までも読めるようになっています。最初の苦労を思うと驚きです。

 

なお、読み聞かせから一人で読めるようになったのは学校の読書時間で癖がついたことが大きいです。今でも「読んで」とねだる事はありますが、基本的には一人で読むことが殆どです。

  

 

同じ本ばかりを繰り返し読む子

下の子は落ち着きがないってことはありませんでしたが、3歳までは主に下の3冊を気に入って繰り返し読むタイプでした。

 

なあになあに (はじめてのあかちゃんあそびえほん)

なあになあに (はじめてのあかちゃんあそびえほん)

 

 

ごあいさつあそび (あかちゃんのあそびえほん)

ごあいさつあそび (あかちゃんのあそびえほん)

 

 

いないいないばああそび (あかちゃんのあそびえほん)

いないいないばああそび (あかちゃんのあそびえほん)

 

 

3歳代にはミッフィーの まる さんかく しかく (げんきしかけえほん(書籍))シリーズとうずらちゃんのかくれんぼ (幼児絵本シリーズ)が追加され、4歳代には3歳までに読んでいた本を読まなくなった代わりにりゆうがあります (PHPわたしのえほん)ノンタンぶらんこのせて (ノンタンあそぼうよ (1))シリーズの読み聞かせに変わります。

 

少しずつではありますが、シリーズものにも食指が伸びたことで本の冊数自体も増えていくことに。

 

子どもは繰り返し同じ本を読むよとは聞いていましたし、上の子で実感もしていたのですが・・・下の子は一週間同じ本を読み聞かせるなど(しかも一日に同じ本を何度も繰り返してたり)とにかく凄かったです。

 

図書館で借りてきた本は一応自分で選んではいましたが、本人に読む気がなく返すことも。上の子が読みたいと必ず言い出すので、無駄にはなりませんでしたが。

 

何度も同じ本を読んでいたためためか文字を覚えるのが早く、自分で絵本を読むことが5歳に近づくにつれ増えてきています。『文字を読む』ことにはまって違う本を読むことも増え、上の子とはまた違った経過で本を読むようになりました。

 

 

結局何をすれば本が好きになるのか??

自分で選ばせつつ親が選んだ本も紛れ込ませるのが我が家流の本好きにさせるための方法ですが。もう一つ注意したことは、図書館で借りてくるだけでなく家にも購入した本を必ず置いておくことです。なるべく、リビングに近い場所に置くようにしておき、本人達がいつでも持ち運べるよう低い場所においてありました。

 

購入するのは保管場所もお金も必要で大変ですが、古本屋さんを利用し壁に薄い本棚をつけるなど工夫して、保管場所と金銭面をクリアさせてきました。

 

matome.naver.jp

 

上の子みたいに『いろいろ読みたい派』のタイプなら図書館でもやっていけますが、下の子みたいな『何度もじっくり』タイプの場合は図書館だけだと上手く本好きにするのは難しいと思います。借りてきても読みませんから。

 

『絵本』だけに限らず、テレビや映画、動画などと組み合わせたり、読むことだけにこだわらず『本屋さんごっこ』や『おててえほん』などで色々な形で本と関わらせたりしたことも大きいと思います(『おててえほん』はEテレの『みーつけた』でやってたやつです)。時にはコピー用紙を本のように繋げて絵本を作ってみたこともありました。

 

こういう遊びや関わり方をしてきたことも本やお話を身近なものに感じられた一因じゃないかな?とひそかに思ってます。

 

ということで、これまでの経験上感じた(我が家の場合は偶然も多分にありますが)のは

親が柔軟になって絵本を読む環境を整えていく

ことが絵本好きにするための近道なんじゃ?ってことです。アニメでも漫画でも映画でも様々なメディアに触れさせる。それが本と触れることに繋がります(他にもして欲しいことがあるのでメディアの視聴時間は制限しています)

 

お子さんによって絵本の趣味も付き合い方も違いますので我が家のやり方が絶対正しいとは思いませんが、違うタイプの二人ですから多少のヒントにはなると思います。よかったら参考にしてみてください。