ハッピーライフスタイル

子育てやお金に関する事を書いていきたいと思います。

教育

新聞や教科書を読むのに必要な読解力がついていない?

読解力が不足しているという話は耳にしたことがあるかと思います。 そんな中、少々ショッキングな内容にニュースを見つけてしまいました。 www.yomiuri.co.jp

漢字はどうやって覚えるの?

我が子は漢字が苦手なのかな?と思うことがあります。 『麦』畑を書こうとして『米』畑(それって田んぼじゃない?って、突っ込んでしまいましたが)、お『米』ではなくお『茶』。気持ちは分かるけど、微妙に間違って覚えています。1年生の頃は「有り得ない…

北朝鮮問題、子どもにどう伝えてる?

今まで散々子どもの教育について語ってきたので時事問題?という感じですが。時間も経っているので何故今頃・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 うちの住んでいる地域では J アラートがなりました。我が子達の朝は早いのでしっかりと耳にしていま…

範囲を決めて勉強しよう!

最近、英語のマイブームに乗っている長女。習いたい!と言いはじめています。 近所にあるのはECCで一年ごとにテキストをもらう方式です。途中入学だと習ってない部分が半年分もあるので『今から4月まで英語を続けられたら考える』ということになってます。 …

2018年度から幼児教育が変わる??

幼稚園・保育園・子ども園と近年では未就学児の通園する園の選択肢が増えつつありますが、そんな中でそれぞれの園における『要綱』が2017年に改定。来年度からは実際に施行される予定となっています。 それぞれどのような形で幼児教育が変わっていくのか整理…

乳幼児教育の5領域って何?

就学前、幼児期の関わり方が後々の学歴だけでなく生涯年収にまで影響するという話を耳にしたことはあるでしょうか? 2017年に幼稚園教育要領・保育園保育指針・認定こども園教育・保育要領の改訂が告示され、来年度から志向が予定されることになっています。…

センスは経験の積み重ね

センスの良し悪し。 ファッションセンスにしても芸術的なセンスにしても、当ブログで言えば算数や国語のセンスにしても我が子に対して「この子センス良いな~」とか逆に「センスないのかも…」と感じたことはありませんか?? 今回はそんな『センス』について…

どうする??お小遣いのルール

前回はお小遣いをあげ始める年齢やお小遣いをあげる理由について考えていきました。他にもどういうルールを決めればいいか?など、あらかじめ決めておいたほうが良い点がいくつかあるので紹介していきます。happy-lifestyle.hateblo.jp

どうする?子どものお小遣い

子どもが小学校へ入学する年になってくると、兄姉のいるご家庭から少しずつお小遣いの話を聞くようになってきます。実際に我が家では小学2年生の進級を機にお小遣いを渡し始めました。 今回はそんなお小遣いを渡す時にどんな事を考えておけばいいか?親側が…

お金をかけない子育ての経過【NRT結果】

よく『規則正しい生活習慣』とか『体力と学力は比例するから体力をつけておく』『小さいうちは思い切り遊ばせる』のが学力ないしは地頭(じあたま)を伸ばす方法だと世間では言われています。と同時に『経済力が学力・体力に比例する』とも。 そこで、世間で…

幼稚園の選び方

幼稚園は家庭から飛び出して社会生活を送る第一歩。できることなら親としてはしっかりと成長できる幼稚園に通わせたいもの。なるべく失敗はしたくないものです。 今回はそんな『失敗のしにくい幼稚園の選び方』を語っていきます。

大学費用、一体いくら位の貯金が必要なの??

私立か国公立か?地方か都市部か…子供の進路や環境により、かかる費用は全く異なります。 そんな教育費でも、一般的に言われているのが『大学費用が最もかかる』ということ。今回はそんな大学4年間に必要な経費を調べ、どの位貯めていけばいいのかを検討し…

小学校低学年のドラクエ風?勉強法

勉強習慣を身につけるには?の記事でも書いた『勉強=楽しい』感覚をつけるために始めた『ポイントを集めて装備品をゲット!』する勉強法。 子ども4人を東大に入れた佐藤ママも遊びを取り入れた勉強が良いって話をされているようなので、(需要があるかは疑…

数の概念をつけるのには何が必要??

百ます計算の記事を書いている中で『数の概念』について少しだけ触れました。 でも、書いていて『数の概念』ってイマイチ分かりにくいよな~ってわけで改めて記事にさせていただきます。

100マス計算の弊害??

計算力をつけるための100マス計算。この問題をすることで何かしら弊害があるって言うので、チョットばかり検証してみたいと思います。

習い事、いつ頃から始めるのが良いの??

英語や音楽は3歳までの方が耳が良いので伸びる、なんて話をよく聞きますね。では、実際に3歳頃までにすることが本当に良いのか??個人的に思うことを語っていきたいと思います。

幼児期の「なんで?」を大切にしよう

後々頭を良くしていくためには、子どもの好奇心を育てることが大切だとよく言われています。 家事や仕事をしている最中に「どうして空って青いんだろう?」などと聞かれると、つい「後でね」と言いがちになりますが、この小さな疑問に答えていくことが後々好…

子どもの頃の体験を大切にしよう!

結構前から色々と言われていますが、体験の豊富さは 将来の年収が高くなる 大人になってからも意欲・生きがいを持てる 読書量が増える 道徳心があり、良い人間関係を築ける ことに繋がると言われています。実際に『体験の豊富さ』とは、どんな体験を意味する…

親が勉強を教える時に気を付けること

間違っているとついつい口を出したくなる子どもの勉強。実際に親が口を挟んだだけで上手くいくことは殆どありませんでした。 そんな親が子供に勉強を教えるための秘訣の様なものを実際に調べ、親子で実践してきて上手くいったことをお伝えしていこうと思いま…

教育投資論の現実は…??

以前、教育投資で最もリターンが多い時期とその方法を紹介しました。その一方で教育投資に関して疑問を呈している人がいることも事実です。 良い情報・悪い情報共に知ったうえで、教育投資を行った方が良い結果を産むと思うので少し紹介していきたいと思いま…

9歳の壁って何?

教育関連の本やサイト、母親同士の意見交換の場で、よく『9歳の壁』について耳にしますね。今回は『9歳の壁とは何か?』『何をしておけば9歳の壁を乗り越えられるのか』を調べていきます。

その習い事本当に必要?

集団生活をする場に籍を置くようになるとよく耳にするようになる習い事。元々遊びメインで考えていたようなお宅でも、周りの様子や子どもの希望もあるとつい「習わせた方が良いかも?」になってきますよね。 ですが、実際には周囲の雰囲気だけに惑わされず本…

上手な褒め方、叱り方

なるべくなら子どもが次に繋がるような褒め方や叱り方をしたいと思っているのは私だけじゃないはず。が、そう簡単に上手くいくはずもなく、反省する事の多い日々です。 という訳で、今回は初心に帰り『どんな風に褒めれば良いか、叱ればいいか?』をまとめて…

苦手の多い子を伸ばす方法

人は誰しも得意な事・不得意な事が当然あります。もちろん子どもも一緒。 我が子に苦手なことが多くて「大丈夫なんだろうか?」と不安になることもあるでしょう。 今回も経験談を交えながら、苦手なことが多い子とどう向き合えばいいか考えていきたいと思い…

算数・文章題の苦手な子が克服できるよう取り組んでいること

調べてみると算数の考え方は得意なはずなのに、計算も好きなはずなのに文章問題だけ解けない。そんな子も結構多いようです。 今現在、我が家でいずれ文章問題が解けるようになるために取り組んでいることをお伝えしていきます。

早期教育のメリット・デメリット

早期教育と言えば、未就学の…あるいはもっと早ければ胎児期から大人の意向で始める教育をさしています。 早期教育が叫ばれるようになって久しく近年では就学前の習い事が(一部地域では)当たり前のような状況になっていますが、早期教育が本当に効果がある…

勉強を続ける習慣を身に着けるには

勉強や教育について調べていくと、よく耳にする頭が良い子は「勉強しなさい」と言われて育っていないという話。普段から勉強する子だから言わなくて済むんじゃない?と思ってしまいますが、どうやらその裏には『できる子の親のコミュニケーション術』が隠さ…

お手伝いで得られるものとは??

お手伝いには自分の準備が出来るようになる、五感を育てることで集中力繋がるなど様々な効果があると個人的には考えています。が、今回は個人的な考えだけでなく、実際にどんな効果が得られるのかを調べてみましたので、まとめていきます。

手先が器用になるためには

手先の器用さ、実は赤ちゃん時代の頃はそうそう個人差はないと言われています。が年齢を重ねるに連れて出てくる手先の器用さ不器用さ。何が個人差を生むのでしょうか?? 今回はそんな手先の器用さがテーマです。

手先の器用さって頭の良さに影響するの??

昔から「手先が器用な人は頭の回転が速い」なんてことが言われていますが、実際はどうなのでしょう?そんな話を今回はしていきたいと思います。